顔や体に傷を残さずに美容の悩みを解消できる施術

サイトメニュー

埋没法の注意点

女性

糸が取れないように注意が必要

福岡は男性・女性どちらもクッキリ二重で目が大きいという人が多いのですが、その中にはプチ整形で二重を作っている人も少なくないようです。一重や奥二重をクッキリとした二重のラインにするために、福岡の美容外科クリニックでは埋没法というプチ整形を行っています。埋没法はまぶたの皮膚を医療用の特殊な糸で固定して、目を開けた時に二重のラインが出るようにする美容整形の1つです。メスを一切使わずに二重のラインを作ることからプチ整形に分類されており、福岡のみならず全国的に人気を集める施術法となっています。ただ、埋没法は日常でしがちなちょっとしたしぐさ・動作で、糸がゆるんでしまうケースがあるので、その点は注意が必要です。例えば目元のクレンジングや洗顔、マッサージなど摩擦となる動作は、まぶたに負担がかかり糸がゆるんでしまう要因になると言われています。また無意識のうちに目元を擦ってしまうクセがある人や、コンタクトレンズをつける時にまぶたの皮膚を引っ張るといった仕草も、負担となってしまうので注意しましょう。

メスを使わずにコンプレックスを解消できるプチ整形は、今まで美容整形を受けたことが無いという人でもチャレンジしやすいので人気です。実際、福岡の美容外科クリニックでもプチ整形を希望する患者さんは多く、特に顔の印象ががっつりと変化する目元の施術が人気を集めています。二重まぶたを作るプチ整形は「埋没法」という施術法で、福岡の美容外科クリニックであればどこでも受けられる、とてもポピュラーなものです。埋没法はメスを使わない手軽な美容整形という以外にも、仕上がりがとてもナチュラルで美容整形を受けたことがばれにくい事も、人気を集めている理由と言われています。コンプレックスは解消したいけれど、多くの人は自分が美容整形を受けたということを周囲に知られたくなのではないでしょうか。メスを使う美容整形の場合、見た目を大きく変えることができますがその分、「美容整形を受けた」という顔立ちになりがちです。埋没法の場合、二重のラインはとても自然な幅になるので、美容整形で二重を作ったことがばれにくいと言われています。

Copyright© 2019 顔や体に傷を残さずに美容の悩みを解消できる施術 All Rights Reserved.